鉄道芸術祭vol.0〜10 「展覧会の記録をめぐる10の対話 その5〜矢野優さんを迎えて〜」の他に様々なジャンルのイベント情報がいっぱい!Twitterへの投稿も!イベント企画者様はぜひご活用ください!

大阪,兵庫,京都など近畿を中心としたイベント情報を網羅する、ユーザー参加型ポータルサイト
Meets art! Meets Event!!
  • お問い合わせ
  • ヘルプ
ホーム | イベント検索 | 鉄道芸術祭vol.0〜10 「展覧会の記録をめぐる10の対話 その5〜矢野優さんを迎えて〜」

鉄道芸術祭vol.0〜10 「展覧会の記録をめぐる10の対話 その5〜矢野優さんを迎えて〜」 開催5日前

日付
2022年8月13日
時間
08:00 - 14:00
会場
アートエリアB1
ゲスト
矢野 優(『新潮』編集長)

聞き手
木ノ下智恵子、久保田テツ、文(アートエリアB1運営委員)

観覧方法
実来場&オンライン観覧

定員
実来場観覧 30名程度(申込不要/当日先着順)

アート・デザイン哲学・文学地域・社会
イベント概要
7月20日から開催する企画展「鉄道芸術祭vol.0〜10」では、編集、企画、アーカイブ、メディアや現代美術・文学・哲学・デザインといった各分野の専門家10名をゲストに迎え、各人と展覧会やアートプロジェクトのアーカイブの活用を巡るトークプログラムを開催します。

老舗の文芸誌『新潮』の編集長として、東浩紀さん、平野啓一郎さんなどの担当編集者として、数々の著作を世に送り出してきた矢野優さん。文芸編集者としての視点から、12年の展覧会記録を如何に捉え、文字や言葉で編集しうるのか、についての対話を繰り広げます。



【ゲスト・プロフィール】
矢野 優(やの ゆたか)
『新潮』編集長。1965年、岡山県生まれ。1989年、新潮社入社。「ゼロサン」編集部、出版部を経て、2003年より現職。担当書籍に東浩紀「存在論的、郵便的」、平野啓一郎「日蝕」など。「新潮」では、大江健三郎「美しいアナベル・リイ」、柄谷行人「哲学の起源」、筒井康隆「モナドの領域」などを担当。

オンライン観覧方法
申込不要/視聴無料
視聴:https://youtu.be/H9RKgi-p9DQ

※「オンライン配信ご視聴の皆様へ」をご確認・ご了承のうえご視聴ください。

【登録ユーザー】:アートエリアB1

【開催期間】:2022/08/13(土)

【開催時間】:14:00 ~ 16:00

【カテゴリー】:アート/オルタナティブ

【イベントタイプ】:夜間/無料

【会場名】:アートエリアB1

【住所】:〒530-0005 大阪府大阪府大阪市北区中之島1-1-1 京阪なにわ橋駅地下1階

【TEL】:06-6226-4006

【URL】:https://artarea-b1.jp/program/2520/

【交通案内】:京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース
(大阪メトロ「淀屋橋駅」「北浜駅」から徒歩約5分)
なにわ橋駅①出入口が最寄りとなります。
※直通のエレベーターはございません。車いすでお越しの場合は、あらかじめアートエリアB1までご連絡いただきますよう、お願いいたします。

あなたのブログにイベントリストを表示させる。

このイベントの詳細をあなたのブログで紹介するには、下記の埋め込みタグをブログに貼り付るだけです。

埋め込みタグ:

  • 画像付きリスト
  • 画像無しリスト
  • タイトルのみ

※お気に入りに登録するにはログインしてくだい。
ユーザー登録が済んでいない方はこちらから登録できます。

コメントを書く

※このイベントにコメントするにはログインが必要です。
ユーザー登録が済んでいない方はこちらから登録できます。

ユーザーログイン

イベント登録は、ユーザーアカウントにログイン後、MYページより登録が出来ます。

最新のひとこと

注目のタグ